可愛いだけじゃない!カーペットを使うメリットと手入れ方法について

サイトマップ
絨毯

衝撃を吸収してくれるカーペット

住宅の床と言えば、フローリングだったり、クッションフロアだったりと、好みはさまざまです。その中でも最近人気なのが、カーペットです。カーペットを敷くメリットは、まず、衝撃を吸収してくれるということです。適度な柔らかさがクッションの役割を果たし、固い床と違って、転んた時のダメージが少なくなります。また、固いフローリングを歩くのは意外と疲れるものですが、柔らかいカーペットなら、その心配もありません。子供はもちろん、足腰が弱った高齢者にも優しい床材なのです。
そして、手触りのよさもあります。クッションフロアは、ビニールの質感が苦手という人もいますが、カーペットは触り心地がよく、そのような違和感を感じることはありません。この柔らかいという利点は、防音にも効果を発揮しています。カーペットを歩くのは、固い床を歩くよりも音が小さく、夜でも静かに移動できます。また、何か物を落としたとしても、それほど大きな音にはなりません。衝撃が小さいので、破損する危険も少なくなります。
このように、カーペットにはメリットが多くありますが、汚れやすいというデメリットが挙げられることもあります。しかし実際は、防塵加工を施したものがほとんどであり、それほど汚れが溜まることはありません。適度に掃除していれば、問題なく使うことができるのです。

カーペットの1つである中国緞通の特徴について

中国緞通は、地経糸に太い毛糸のパイル糸を結んで、1本1本カットしながら織り上げていく方法になります。また、中国緞通は独特の厚みのあるボリュームと光沢があり、カービングによる浮き彫り加工のあるカーペットになります。そして、糸の密度が多くなるほど作るのに手間がかかることになりますが、その分繊細な柄を表現することができます。
ボカシ技法を用いることで、絵画的な図柄や精巧な刺繍分様を織り上げれます。また、中国緞通にはウールとシルク糸が使われています。中国の広大な大地で育った羊の毛を使うことにより、滑らかな肌触りを持ちつつ丈夫なカーペットを作ることができます。そのため、ウールは中国緞通を作るのに適した素材となります。
一方、シルク糸は細くてしなやかなため、カーペットの細やかな文様を表現するのに適しています。ただし、中国緞通は人の手によって織られているので、他のカーペットと比べると生産量が少ない傾向にあります。それでも、人の手で1本1本織り上げるので、強度と柔軟性に優れているだけでなく、耐久性にも優れているカーペットになります。
そのため、中国緞通は何十年と使うことができるので、カーペットを敷き直すのが面倒くさいと思う人に適したカーペットになります。中国緞通は、人の手によって作られているので他のカーペットより糸の密度が高く、品質に優れたカーペットとなっています。

カーペットを使う事に関する詳しい4つのメリット

部屋にアクセントを持ちたいと思った際、シンプルなフローリングに一枚カーペットを敷くと、部屋に個性が生まれ印象ががらりと変わるものです。ではカーペットを使うことのメリットとはどんなものがあるでしょうか?今回は4つのメリットをお教えします。
一つ目は室内のホコリの飛散を抑え、部屋の空気を綺麗にする効果です。カーペットを敷くとホコリが取れにくいイメージがありますが、逆に言えば空気中のホコリを吸着してくれる効果が高いのです。そのためフローリングのみの部屋よりも、室内の空気自体は綺麗な状態をキープできます。カーペットのホコリが気になるのなら、小まめに掃除機をかけましょう。
二つ目に防寒効果です。カーペット一枚敷くだけで、足元が数度温かくなります。特に冬場は足元から冷えるため、カーペットを一枚敷いているだけで寒さが格段に違います。三つ目に防音効果です。フローリングですと階下に生活音がダイレクトに伝わります。しかしそこにカーペットを敷くことによって、カーペットが音を吸収してくれるため、階下へ足音などの生活音が響きにくくなります。
四つ目に滑り止めの効果です。フローリングは素材的に滑りやすいものです。小さな子供や体の不自由なお年寄り、ペットのいる家庭等にとって、その滑りやすさ故に脅威となってしまうことも…カーペットを敷くと滑りやすいフローリングも滑らなくなり安全に過ごせます。生活を快適にするために適材適所でカーペットを敷くと良いですね。


びっくりカーペットでカーペットを調べましょう!
種類も豊富でオシャレなカーペットを揃えております!カーペットを敷くだけで住み心地や快適な暮らしを送ることができるのです!子供にも安心のカーペットですので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

article list

TOP